Shopping
SNS

BRAND ブランド索引

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z

Studio D’Artisan

ブランド紹介

1970年代の日本。
高度経済成長はピークを迎え、国中を覆う好景気の波はやがて「大量生産」「大量消費」という価値観を世に浸透させました。

「ジーンズ」の歴史にとってもその影響はあまりにも大きく、それまで「旧式の力織機」で織られていたセルビッチ(耳)のついたデニム生地は、生産効率の観点から徐々にその姿を消し、その代わりに高速かつ大量生産可能な新型の「革新織機」で織られたデニム生地が主流となっていきました。

1979年、フランスでデザインを学んだ一人のデザイナーによって設立されたSTUDIO D’ARTISAN & SA.は、大量生産向けのデニム生地にはない、旧式の力織機で織られた昔ながらのデニム生地のみが持ちうる、独特の硬さ、ムラ感、色落ち、風合いに着目し、失われゆく「ジーンズの本質」を取り戻し継承すべく、世界の生産現場から一切の姿を消したかに見えた旧式の力織機を「備後の地」で発見し、再稼動させることに成功しました。
日本の伝統的なインディゴ染色技法である蓼正藍による「カセ染め」で染め上げたムラ糸で織り上げたデニム生地を使い、ジーンズが最も輝いていたと言われる1950年代以前のヴィンテージ・ジーンズを研究し、そのディテールを独自の解釈でフレンチワークパンツのシルエットと掛け合わせ製作したのが、STUDIO D’ARTISAN & SA.の記念すべきファーストモデルにして、世界初のヴィンテージ仕様のセルビッチ・ジーンズ「DO-1」です。

「DO-1」は、それまでのジーンズにはなかった「ヴィンテージ」や「セルビッチ(耳)」という全く新しい価値と概念を広め、90年代以降のヴィンテージ・レプリカブームの礎を作り、世界が日本のジーンズに注目するきっかけとなった記念碑のようなジーンズです。

現在もフラグシップ・モデルとしてラインナップしている「DO-1」は、古き良きアメリカの「ヴィンテージ・ジーンズ」への敬意と、ヨーロッパ的な伝統と前衛志向を兼ね備えた「クラフトマンシップ」、そして日本の職人たちの「技」が盛り込まれています。

「職人工房」を意味するその名のもと、「DO-1」から始まったモノ作りにかける情熱と誇りは、今もなおSTUDIO D’ARTISAN & SA.のプロダクトの中に脈々と受け継がれています。

SHARE